・子ども一人一人の人権を尊重し、最善の利益を考慮した環境を保障する
・保育所の専門性を生かし、養護及び教育を一体的に行う


・子どもが安心感と信頼感をもって活動ができるよう、子ども主体としての
 思いや願いを受け止め  自己を十分に発揮できる環境を整える
・十分に養護が行き届いた環境の下で、生命の保持及び情緒の安定を図る
・生活や遊びを通して「心情」「意欲」「態度」を養い、生きる力を育む


・優しく思いやりのある子ども
・自主性、創造力のある子ども
・自分の思いや気持ちを自分の言葉で表現できる子ども
・十分に体を動かし、のびのびと遊ぶ子ども


●よく遊ぶ
のびのびと体を使って遊ぶことで、体力の向上および好奇心や探求心を育み
想像力や思考力を  養う

●よく笑う
安心、安全な環境の中、愛情豊かな保育士との関わりを通して、自己肯定感を
確立し 友だちとの関係を育み感性豊かに育つ

●よく食べる
保育士や友だちと楽しく食事を食べることで、食を楽しむ心を養い、健康な心と
体を育む

●よく寝る
規則正しい生活リズムを身につけ、健康的で生き生きとたくましく育つ



このページのトップヘ